STARFISHING

星は落ちてこないから星なのだ

Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Profile
komaneko
Mobile
qrcode
Search
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■□ 続いた
おっと、続いていなかった。
いけない。

久しぶりに年末年始の帰省中。
思ったより少ない正月休みだけど、仕事納めがあるだけ良しとしよう。はい。

先日会社の朝礼で、ピアノエラの話をしたら、
共感して話しかけてくれた人がいたので、
やっぱり思い出してちゃんと書いておこう。

***

個人的メインだった、高木正勝。

haruka nakamuraと同じ、あたたかいピアノでも、
温もりというよりは、降りそそぐ太陽の光のような、あたたかさ。
弾いてるそばから、ぽぽぽぽって草花が咲いてくるんじゃないかしら、というくらい命があふれてる。
踊るように弾く華奢な背中から、緑の妖精とか花咲か爺さんとか、そういうエネルギーを感じるのです。

きらきらしてるものに触れて、私の足元も少し明るくなったような気がして、うれしい。

ライブは、どうやら当たり外れがある様子。気持ちと演奏が乗らない時もあるそうなので、こんなにエネルギッシュなところに出会えてよかったー!

また行きたいな。

阿部海太郎は、超初見だったので、ちょっと面食らってしまった。
ぽっと灯る温もり、怒涛の陽光の洪水、のあとに
コンクリートの打ちっ放しのギャラリーで、ひたひたと押し寄せるフランス映画観た感じ。

もう少し、事前の心の準備をしていけば全然受け止め方がちがったのに、申し訳ないことしたな。わたし。

***

全体に、音楽づいていた2015年秋冬。
年末はなぜか超特急も観たしね。
抵抗のあった気持ちが、ようやくほろほろと解けてきた感じです。

来年は、もっと色とりどりの温かな年にしたいと思います。
| - | comments(2) |
■□ ピアノを聴きに
都立大にピアノを聴きに行きました。

とてもよかった。
良いものを前に、素直に涙した自分にほっとした。

+++

言葉をつくる仕事をすればするほど、
伝えたいものの良さや空気を、表現するのが難しい。
自分の感じた通りに、あるいは相手に感じてほしい通りに、
伝えるのはすごく難しい。

今までは、自分のためにしか書いてこなかったから。
自分が綺麗であれば読みやすければ自分の気持ちがこめられていれば、よかった。

でも誰かのために書くことは、
誰かに伝わるかどきどきすることは、
痛いほど楽しい。

+++

おかえりなさい、ピアノの世紀へ。

【the piano era 2015】というイベント。

東京に来て6年、いつかはと思っていた高木正勝をメインに観に行きました。

それと阿部海太郎、haruka nakamuraの3人のオムニバス。

会場は1200席の比較的大きなホール。
きている方も老若男女。
+++

音楽なんて、誰がどう聴いても自由だし、何をどう思っても自由だと思うので、感じたことを言葉にしてみようと思う。誰も見てないし。

前は違った。何をどう感じているのかを、言葉で求められることがこわかった。
何をどう理解しているのか、と訊かれているのと同義だと思っていた。

+++

順番にいくと、
はじめはharuka nakamura。
PIANO ENSEMBLEという、弦とサックス、パーカッションのアンサンブル。

昔、このひと名義のアルバムを聴いていて、
きらきらして寂しくて、押せば水の中に沈んでしまうような、そんな印象。
その時はきらきらしたものが眩しいときや、
反抗したくなるような静けさが耳に残るときがあった。

でも今回また出会ってみると、
静けさがとっても温かかった。
たくさんの人がつくる静寂というのは、すごく美しい。

心を揺さぶるようなものではなく
そっと隣に座ってくれるような温かさ。

何かが許されたり、解決したり、道が開けるような明るさではなくて
ぽっと灯るような温かさ。

ひとの心情に沿うような、演奏でした。

みんな泣いてた。
何を感じて、あんなにたくさんの人が泣いていたんだろうな。
私の場合はきっと、寂しいのをわかってくれたような、そんな気持ち。


つづく。



| - | comments(0) |
■□ SONG OF DUSK
最近ネイルがピンとこなかった。
友達からもらったTHREEのSONG OF DUSK、今の気分にとても映える。
理屈で考えると歯がゆいところが多いけど
理屈なしに好きでしかない、そんな子。
そんな、薄暗がりの詩。

 
| - | comments(2) |
■□ 大人だってことを忘れないように、
鎌倉に異動になって、もう3ヶ月。
自ら望んだことなので、
通勤に2時間かかろうが、毎日おばあちゃんの相手だろうが、営業がめんどくさかろうが、
結構、がんばれる。
少し自分でも意外だった。
閉塞感のない広い高いところなので、
わたしの声は響くことなく
そのまま吸い込まれていく。
本来怒られるところだけど、こっそり安堵の気持ちがあるのも本当。
私が、空間の空気を、支配しない。
長居はしないつもりなので、鎌倉と横浜にちゃんと遊びに行きたいと思う。
唯一心配なことは、服について話したいのに、話したい服がないこと。
おしゃれについて楽しみたいのに、楽しみたいおしゃれがわからないこと。
大変ですよ、これは。
死活問題です。



そして
昨日財布をなくした。
初めて。もう大人なのに。
気に入ってたのに。
でも完全に小規模スペースで紛失したので、もう自分が悪いんだな、と諦めているの。
夜中の12時ぐらいになくなって、1時過ぎには遺失物届けとクレジット3枚キャッシュカード3枚をとめ終わって
案外冷静に対応した自分に驚いた。
けど、あとあとで、
財布がなくなったことにがっかり、病院のカードも、もらったばかりのご褒美商品券も、PASMOも、もう少しだったたい焼きやさんのポイントカードも、本当にがっかり。
免許証なんて、再発行は試験場ですよ!どこや!
新たなきもち、とでも称して
整理しよう。そうしよう。と、いうところ。



友達が本を送ってくれる。
本というか、小冊子というか。
とても私の好みに合わせて、送ってくれる。
それは、前にも話したかしら。
私も書いてみたいなぁと思って
まずはその友達に贈ろうと思ったはいいものの
私から出てくるものがスカスカすぎて
(すかすかではなくて、スカスカ、という片仮名がぴったりのスカスカ)
贈れずにいる。
そろそろ諦めて、プレゼントだけ送ろうかと思ってる。


来週、雨に唄えばの舞台をみに行くの。
財布なくなる前に、カード切っといてよかった♥︎という小さな喜び。




| - | comments(0) |
■□ 夕暮れ時
異動の面談がありそう。

スポンジを捨てようと思って乾かしていたら、芽が生えた。捨てられない。

マベースとマプードル買った。ベースにお金をかけたいもうすぐ27歳。

夏野菜の揚げ浸し。かぼちゃ、なす、おくら。

ごぼうの唐揚げ。しょうゆ、にんにく。

エアコン解禁。扇風機を買うか検討中。

お気に入りのパン屋。となり駅のnukumuku。

早起きして、朝ご飯食べる。パン、ヨーグルト、紅茶、つめたいスープ、トマト、野菜。

早起きして、緑に水をあげる。盆栽の紫檀が、すくすく元気。

ミントがつんでもつんでも、生える。お風呂に入れています。

すごく遠い店舗だったら、どうしようかな。やだな。

い草のラグを購入。ごろ寝しちゃう。

昨秋から住んでいるマンション、なんというか近所付き合いがしんどい。いいんだけど。

自分が掲載の写真を見ると、しばらく自分が広告バナーになり、ひょっ、となる。

パスポート申請に行った。やっと行った。

しかし、未だ休みの許可がとれていない。まずい。非常に。

初対面のマンション住人(昔はかなり美人だったのが伺える白髪マダム)に「おや、おまえさん見ない顔だね」と言われる。

状況はともかく、そのしゃがれ声と台詞に、(ジブリみたい‥!)と興奮した。

本社勤務を、そろそろ視野に入れたい。ただ、接客にも未練が残る。

秋は、黒髪に戻したい。そろそろ肩つくぐらいだから、新鮮。

トマトは野菜だな。

おしまい。




 
| - | comments(1) |
| 1/69 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex